自律神経失調症 改善

自律神経失調症の最短での治し方

自律神経失調症の改善 食事について

自律神経には交感神経と副交感神経があり、これらの神経が反対の作用をすることで、バランスが保たれ、全身の器官をコントロールしています。

 

 

 

しかし、どちらか一方の働きが弱すぎたり、強すぎたりすると自律神経のバランスが崩れてしまい、全身の機能に支障をきたしさまざまな症状として現れます。

 

 

 

様々な症状が現れ病気を疑い、病院で検査をしたものの検査結果は異常なし、その後自律神経失調症と診断を下されるケースが多いようです。

 

 

 

この自律神経というものは、自動的に働く神経なので、自分の意思で動かし機能異常を治すといったことはできませんが、日々の生活の中で自律神経失調症を改善していく方法はいくつかあります。

 

 

 

その一つとして食事があげられます。

 

 

 

 

自律神経失調症を改善するには、食事は重要なポイントだと言われており、自律神経を整えるために積極的に摂取すると良いとされている栄養素についてまとめてみました。

 

 

 

 

【ビタミンB群】
ビタミンB群は精神を安定させるといった働きがあるのですが、体内からビタミンB群が不足すると、イライラなどが起こりやすく不安定な状態になりやすいと言われています。

 

 

 

特に、玄米や麦芽米、納豆、豚肉などに豊富に含まれています。

 

 

【ビタミンA】
ビタミンAはストレス時に減少してしまうホルモンの原料となる成分が含まれているため、ストレスに敏感だったり、ストレスを感じやすい人には積極的に摂取したい栄養素です。

 

特に、ニンジンやレバーなどの食品に豊富に含まれています。

 

 

【マグネシウム・カルシウム】
マグネシウムが不足すると精神的に不安定になりやすかったり、わけもないのにイライラしやすくなるのですが、マグネシウムを意識して摂取することで神経の高ぶりを抑えるといった働きが期待できます。
カルシウムはイライラなどを鎮めてくれます。
また、マグネシウムはカルシウムと組み合わせることで、心臓のリズムを整る働きが期待できます。

 

マグネシウムは大豆製品やひじき、昆布などに、
カルシウムは海藻類や大豆製品に豊富に含まれています。

 

 

【鉄分】
体内から鉄分が不足すると、食欲不振になったり、疲れやすくなったり、ちょっとしたことでも息切れを起こしやすくなりますし、特に女性は意識して摂取したい栄養素です。

 

特にレバーやほうれん草、ひじきなどに豊富に含まれています。

 

 

【亜鉛】
体内から亜鉛が不足するとイライラしやすくなったり、精神的に不安定になりやすいと言われていますが、亜鉛には脳内の神経伝達物質を作る成分が含まれています。

 

特にレバーや貝類、豆類などに豊富に含まれています。

 

 

また、自律神経失調症を食事で改善するポイントとして、毎日食決まった時間に3食食べることです。

 

毎日決まった時間に食事を摂ると、体のリズムが整うからです。

 

特に朝は時間がないからと、ついつい朝食を食べずに通学や出勤してしまう方も少なくないと思いますが、そんな時には手軽に食べられるバナナやパンなどがお勧めです。

自律神経失調症の改善 サプリの摂取について

自律神経失調症では、必要に応じて薬を使った治療も行われます。

 

 

 

自律神経失調症の患者さんに処方される薬として、自律神経失調製剤や精神安定剤、抗うつ剤、睡眠導入剤、ホルモン剤、ビタミン剤など症状に応じて薬が処方されます。

 

 

 

自律神経失調症を改善していく方法はいくつかありますが、その一つとしてサプリメントがあげられます。

 

 

 

今回は自律神経失調症の改善に役立つサプリメントについてまとめてみました。

 

 

 

まず、自律神経失調症を改善するために、ビタミンB群、ビタミンA、マグネシウム、カルシウム、鉄分、亜鉛などの栄養素が豊富に含まれた食品を積極的に摂取すると良いようです。

 

 

 

しかし、これらの栄養素が豊富に含まれた食品ばかりでは栄養が偏ってしまいますし、メニューなども限らてしまい、これらを意識した栄養素を摂取することがストレスになってしまいます…。

 

 

 

 

また、外食やコンビニ弁当が多い人や、スナック菓子や甘い物が大好きでついつい食べ過ぎてしまう、、、という人もサプリメントで足りない栄養素を補う必要があります。

 

 

 

 

自律神経失調症にお勧めなサプリメントとして『ローヤルゼリー』があげられます。

 

 

 

 

ローヤルゼリーは豊富に栄養素が含まれており、とてもバランスが良いことに加え、
自律神経失調症を改善する効果があるアセチルコリンといった成分が含まれており、自律神経失調症の改善に効果的なサプリメントとして知られています。

 

 

 

 

そして、栄養の吸収性も優れており効率よく体内に摂り入れることができます。

 

 

 

 

そして、『ギャバ』もお勧めです。

 

 

 

 

ギャバは自律神経失調症に限らず、他の精神疾患の治療にも有効だとされています。

 

 

 

 

ギャバには脳の新陳代謝を促し、特に頭が重くなるといった症状を感じやすい方にお勧めです。

 

 

 

 

特に玄米に豊富に含まれているため、玄米が苦手でなければ白米を玄米に変えるのもお勧めですよ。

自律神経失調症の改善 運動の重要性

自律神経には交感神経と副交感神経があり、これらの神経によって全身の器官がコントロールされています。

 

 

 

しかし、交感神経と副交感神経のバランスが崩れると自律神経失調症を招きやすくなります。

 

 

 

自律神経が崩れる原因として、夜更かしや夜勤、夜型人間などの不規則な生活習慣や、学校や職場などでの人間関係による精神的なストレスや環境の変化などがあげられます。

 

 

 

そして、ストレスに弱い体質や性格であったり、女性ホルモンの影響によっても自律神経失調症を招くこともあります。

 

 

 

 

自律神経失調症を改善していく方法として、運動を取り入れることも効果的です。

 

 

 

自律神経失調症という病気は薬を服用しているからといって、簡単に治るような病気ではありません!

 

 

 

 

自律神経失調症の治療において、これまでのライフスタイルやストレス、社会環境などを見直し、それが原因となっている場合はこれを改善しなければ治すことはできません。

 

 

 

 

まず、自律神経失調症を改善するには、生活リズムを整える必要がありますが、毎日の起床と就寝の時間、食事の時間をだいたい決めておくことが重要なポイントとなります。

 

 

 

 

そして、日々の生活の中で運動を取り入れることも効果があります。

 

 

 

 

自律神経失調症の改善に効果的だと言われている運動として、ジョギングやウォーキング、サイクリング、水泳などの一定のリズムで行うものがあげられます。

 

 

 

 

では、なぜ自律神経失調症に有酸素運動が効果的なのか?

 

 

 

 

それは自律神経失調症の方の場合、副交感神経の働きが弱いといった特徴があるのですが、この副交感神経の働きを高めるためにもってこいな運動が有酸素運動なのです。

 

 

 

 

 

運動を習慣化することでこれまでの不規則な生活が規則正しい生活に改善され、生活リズムを整えることができますし、有酸素運動により自律神経の乱れを改善することもできます。

 

 

 

 

 

ただし、これまであまり運動を取り入れてこなかった方の場合、運動を習慣化することは難しいですし、運動しなければならないことがストレスに感じてしまっては逆効果です…。

 

 

 

 

また、自律神経失調症の症状の一つに動悸がありますが、動悸を感じる方の場合は息があがるような運動を避ける方が多いと思います。

 

 

 

 

初めは週に1〜2回程度で、無理なく続けられるウォーキングから試されると良いかもしれませんね。

自律神経失調症の改善 ストレッチも効果的

自律神経失調症の症状の一つに「手足の冷え」があります。

 

 

 

血管の拡張・収縮などの血液の流れは自律神経が調節しており、
自律神経のバランスが保たれていると血流の流れもスムーズで手足が冷えるなどの症状は起こりにくいです。

 

 

 

しかし、自律神経のバランスが崩れると血流の流れが滞ってしまい、手足の冷えなどの症状として現れます。

 

 

 

特に女性の方の場合、冷えを感じる方は少なくないですし、冷え性という方も多いです。

 

 

 

しかし、その冷えの症状が自律神経失調症によって引き起こされている場合、自律神経失調症を改善していかなければなりません。

 

 

 

自律神経失調症の冷えを改善していく方法として、ストレッチを取り入れることも効果的です。

 

 

 

 

ストレッチの良いところは、テレビを見ながらや仕事の合間などにどこでも手軽に行えるということです。

 

 

 

 

自律神経失調症を改善するストレッチとして、代表的なものは「胸鎖乳突筋のストレッチ」があげられます。

 

 

 

 

自律神経と筋肉は深い関係にあり、その筋肉の中でも胸鎖乳突筋と大きな関わりがあると言われており、胸鎖乳突筋を伸ばすストレッチによって自律神経失調症の改善だけではなく予防にも効果的だとされています。

 

 

 

 

胸鎖乳突筋は首の前側にある筋肉なのですが、この胸鎖乳突筋のまわりには多くのリンパがあり、リンパの流れが滞ると自律神経のバランスが乱れ、自律神経失調症を招いたり、症状を悪化させてしまうのです…。

 

 

 

 

 

自律神経失調症の方は、肩の凝りを訴える方も少なくありませんが、胸鎖乳突筋がガチガチに凝り固まっており、筋肉の凝りや固まりによって首の凝りを招くこともあります。

 

 

 

 

胸鎖乳突筋のストレッチによって血流が良くなると、リンパもスムーズに流れるようになり、自律神経失調症の予防や改善に繋がりますので、是非胸鎖乳突筋のストレッチも取り入れてみて下さい。

自律神経失調症の改善 飲み物について

自律神経失調症とは、過度なストレスや生活リズムの乱れによって自律神経のバランスが乱れ、心身ともに様々な症状として現れます。

 

 

 

乱れた自律神経のバランスを整えるには、自律神経を乱している原因を改善していく必要がありますが、今回は自律神経失調症を改善させるための飲み物に注目してまとめてみましたので、是非参考にされて下さい。

 

 

 

自律神経失調症を改善させるためには、飲み物の刺激がストレスになってしまうこともありますので、基本的に冷たい飲み物は避け、常温か温かい飲み物が良いとされています。

 

 

 

ココアやハーブティー、ミネラルが豊富なルイボスティー、 生姜湯、黒豆茶などのカフェインレスの温かい飲み物がお勧めです。

 

 

 

 

特に夏場は冷たい飲み物ばかりを飲んでしまいがちです…。

 

 

 

 

しかし、冷たい飲み物は内臓を冷やしてしまい各臓器の働きが悪くなってしまいますし、胃腸の働きも悪くなり腹痛や下痢などの症状を招きやすくなりますので、常温の飲み物や温かい飲み物で体の内側からのケアも必要です。

 

 

 

 

温かい飲み物には、緊張してガチガチ状態の自律神経をほぐす効果や、イライラを鎮めてくれる効果も期待できます。

 

 

 

 

また、食事の前に温かい飲み物を飲むと、胃の粘膜を保護し自律神経のバランスを整える効果がありますし、就寝前に温かい飲み物を飲むことで、寝つきが良くなりますので特に自律神経失調症で不眠の症状がある方にはお試し頂きたい方法です。

 

 

 

 

一方、糖分が多い炭酸飲料やカフェインが含まれているコーヒーなどは、自律神経失調症の方が避けた方が良い飲み物とされています。

 

 

 

糖分の過剰摂取により興奮系のホルモンが沢山分泌されてしまいますし、
カフェインに含まれる成分には興奮を引き起こす作用がありますので、イライラしたり興奮しやすくなりますので注意して下さい。

自律神経失調症の改善 ツボはどこ?

自律神経失調症を改善させる方法として、ツボも効果的だと言われています。

 

 

 

そこで、今回は自律神経失調症を改善させるためのツボについてまとめてみましたので、是非参考にされて下さい。

 

 

 

まず、ツボとは神経がつながっているつなぎ目の部分のことですが、自律神経の働きが乱れ疲れなどがたまると体の表面にも反応が現れ、心身ともに様々な症状を引き起こします。

 

 

 

そのため、ツボの刺激により自律神経のバランスを整え、滞っている血流を改善し血液の循環を良くし、人間が本来持っている自然治癒力を高め、免疫力の向上が促すといった改善方法もあります。

 

 

 

ツボを刺激することで自律神経失調症が改善されていくと、心身ともに現れていた不快な症状を和らげることもできます。

 

 

 

ツボ押しの良いところは、テレビをみながらや仕事の休憩時間、お風呂あがりなどに気軽にできるところです。

 

 

 

自律神経失調症の方に効果的だとされている、自律神経の乱れを整えるツボを以下にまとめました。

 

 

 

@自律神経を整え、イライラや気分の落ち込みなどの症状を改善させるツボとして、
神庭(しんてい)、労宮(ろうきゅう)、曲池(きょくち)などがあげられます。

 

 

Aやる気が出ないなどの気力が衰えている場合に効果的なツボとして、
天柱(てんちゅう)、風池(ふうち)、三里(さんり)、太谿(たいけい)などがあげられます。

 

 

Bなかなか寝付けない、眠りが浅い、寝不足などの睡眠に関する悩み事に効果的なツボとして、安眠(あんみん)、失眠(しつみん)などがあげられます。

 

 

 

ツボを刺激することで、乱れていた自律神経のバランスを整えるとともに、滞っていた血流の流れが良くなり血行も良くなります。

 

 

 

 

ツボを刺激する際のポイントとしては、強く刺激するのではなく、程よく気持ちよく感じる程度の強さで刺激することです。

 

 

 

 

特に自律神経失調症は、季節の変わり目や環境の変化などにより症状が悪化しやすいといった特徴がありますので、是非効果的なツボを刺激し事前に対策などをとっておきましょう。

自律神経失調症の改善 音楽療法

自律神経は身体を興奮状態にする「交感神経」と、リラックス状態にする「副交感神経」からなっています。

 

 

 

交感神経と副交感神経のバランスが良いと、心身ともに不調に感じることはありませんが、これら2つの神経のバランスが崩れ、どちらかの神経の働きが強すぎたり弱すぎたりすると自律神経失調症として、心身ともに不快な症状として現れてしまうのです。

 

 

 

この自律神経のバランスが乱れるのはストレスが大きく影響しており、頭痛や吐き気、不眠やめまい、食欲不振、手足の冷え、耳鳴りなどの症状が出てきます。

 

 

 

自律神経失調症を改善させる方法として、音楽も効果的だとされています。

 

 

 

 

まず、自律神経失調症の方の場合、交感神経が高まり優位になってしまうことが多いようですが、この交感神経の働きが強すぎると心拍数や血圧が上がり、気持ちが高ぶり緊張状態であったり、イライラしやすくなります。

 

 

 

 

この交感神経が常に優位な状態であると、心身ともにとても疲れてしまうのですが、音楽を聴くことにより副交感神経の働きを高めることができます。

 

 

 

 

好きな音楽を聴くことで心身ともにリラックスでき、アルファ波を増やし、交感神経の高ぶりを抑えることができ、自律神経のバランスを整えることができるのです。

 

 

 

 

では、自律神経失調症の改善にはどのような音楽が有効だとされているのか?

 

 

 

 

音楽でリラックス効果を得るには、クラシックやオルゴール調の音楽などをイメージしがちですが、これらの音楽を聴いても癒されたり、リラックスできない場合はリラックス効果は得られず逆効果です。

 

 

 

 

むしろ、自律神経失調症を改善させるためにこの音楽を聴かなければならないという義務感から余計にストレスを感じてしまいます…。

 

 

 

 

あくまでも、自分が好きなジャンルの音楽や好きなアーティストの音楽などによって癒される、リラックスできるような音楽が一番だとされています。

 

 

 

 

 

実際に自分の好きな曲を聴くと、ストレスがかかる場面であってもリラックス状態を優位にする副交感神経の働きが高まることが実証されていますので、ストレスが溜まっていると感じる時や、寝不足に悩んでいる時などに是非お試し下さい。

自律神経失調症の改善に効く漢方薬

東洋的療法には、漢方、ヨガや気功、禅的療法、絶食療法などがありますが、自律神経失調症を改善させる方法として、漢方という選択肢もあります。

 

 

 

今回は自律神経失調症を改善する漢方医学についてまとめてみました。

 

 

 

まず、漢方医学では「気・血・水」という考え方があり、この3つの要素がバランス良く体内を循環することで健康的な体が維持できると考えられています。

 

 

 

しかし、この3つの要素のバランスが崩れてしまうと、心身ともに様々な不調が現れると考えられています。

 

 

 

そこで、「気・血・水」のバランスを整えるために、漢方薬で不足しているものを補ったり、停滞しているものの流れを促したり、巡りを促すなどの症状に応じた漢方薬を服薬することで改善すると考えられています。

 

 

 

特に自律神経失調症の方の場合、気力が足りなかったり、やる気がおきない、気の流れが悪いなどの「気」の異常によって不調が起こっている場合が多いと言われています。

 

 

 

そのため、「気」の異常を改善させるための漢方薬が有効で、処方されることが多いです。

 

 

 

 

自律神経失調症の改善に効果的だとされている漢方薬を以下にまとめてみました。

 

 

 

@柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)
特にイライラや不安感、不眠、頭痛、のぼせ、動悸、肩こりなどの症状に悩まれている方向けで、比較的体格がよく体力のある人向けです。

 

 

 

 

A半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)
心身ともに疲れやすかったり、冷え性の方向けで、動悸やめまい、気分のふさぎこみなどに効果的だとされています。

 

 

 

 

B加味逍遥散(かみしょうようさん)
更年期障害などにも処方されることも多く、特に女性の自律神経失調症に効果的だとされています。
軽いパニック障害の場合にも効果があります。

 

 

 

 

その他には、桂枝加竜骨牡蠣湯(けいしかりゅうこつぼれいとう)、四逆散(しぎゃくさん)、五苓散(ごれいさん)、抑肝散加陳皮半夏(よくかんさんかちんぴはんげ)、酸棗仁湯(さんそうにんとう)などがあります。

 

 

 

 

自律神経失調症は、緊張しやすい性格であったりストレスに弱い体質などの方がなりやすい傾向にあるようですが、漢方薬の良いところは体質そのものを改善する効果が期待できることです。

 

 

 

 

漢方薬により、体質そのものを改善できれば自律神経失調症を克服することができます。
ただし、漢方薬は自分に合ったものでなければ効果を実感することは難しいどころか、場合によっては副作用として現れることもあります。

 

 

 

 

漢方薬はドラッグストアなどでも手軽に購入できますが、漢方には「証」や「気」などの独特な選び方がありますし、舌の色、肌の色やツヤ、体温なども参考に選ばれますので、自分に合った漢方薬をセレクトすることは困難です。

 

 

 

 

可能であれば漢方を専門的に取り扱っている薬局などで、症状や体質に合わせてセレクトしてもらって下さい。

自律神経失調症が改善するまでの期間

自律神経失調症を改善させるまでの期間ですが、これは個人差が大きいです。

 

 

 

自律神経失調症の症状が軽度であれば数か月程度で改善する人もいますし、症状によっては改善するまでに数年以上の期間を要する人もいます。

 

 

 

自律神経失調症とは、交感神経と副交感神経のバランスが乱れ、頭痛やめまい、吐き気、動悸、手足の冷え、不眠などの症状が現れます。

 

 

 

自律神経のバランスを崩す原因としては、夜型の生活などの生活リズムの乱れや過度なストレスなどによって起こるため、自律神経を乱している原因となっているものを取り除き、その人自身にあった治療法で治していく必要があります。

 

 

 

自律神経失調症は薬を使った治療が行われることもあります。

 

 

 

 

しかし、自律神経失調症は薬を服用しているからすぐに治るという病気ではなく、
自律神経のバランスが崩れ、その結果心身ともに現れている不快な症状を抑えるために薬が処方されていますので、自律神経失調症を改善するには自律神経のバランスを整えなければなりません。

 

 

 

 

 

先ほども言いましたが、完治にかかる期間には個人差がありますが、『自律神経失調症を早く治したい』『早く治し職場復帰したい』と焦ると、それがストレスとなり更に一時的に症状がひどくなってしまうこともありますので、焦らずに治療を続けていくことが改善への近道だと思います。

 

 

 

 

焦りながらの治療ではなく『自律神経失調症と一生付き合っていこう。』ぐらいの気持ちでいた方が、気分的にも楽になると思います。

 

 

 

 

また、自律神経失調症は必ず治る病気ですが、これまでの生活習慣を見直すような努力も必要になってきます。

 

 

 

 

 

早寝・早起きを心がける、自律神経を整えるために運動を取り入れる、バランスの良い食事を心がけるなど、自律神経のバランスが整うと、改善はもちろん自律神経失調症の予防にも繋がります。

 

 

 

 

 

そしてストレスをため込まないように、音楽を聴いたり、半身浴をして汗を流す、ショッピングやカラオケ、映画に行くなど自分なりのストレスの発散方法でストレスをため込まないような努力も必要です。

自律神経失調症の改善 首を治せば完治する!

肩こりや首こりは万病のもととも言われていますが、自律神経失調症の原因として首が関係していることもあります。

 

 

 

首まわりの筋肉のこりや、ゆがみによって自律神経失調症を引き起こしてしまうこともあるのです。

 

 

 

 

なぜ、首まわりの筋肉のこりやゆがみによって、自律神経のバランスが崩れてしまうのかと言いますと、首の周りには生命を維持していくためには重要な神経が密集しており、首は自律神経をコントロールする重要な役割があります。

 

 

 

 

しかし、首のこりによって筋肉が血管を圧迫してしまうことで、自律神経が正常に機能しなくなり、自律神経のバランスが乱れてしまい、自律神経失調症になってしまうというわけです。

 

 

 

 

そのため、自律神経失調症を改善する方法として、首のこりやゆがみを直すといった方法も効果的です。

 

 

 

 

首まわりの筋肉がガチガチにこってしまう原因としては、血行不良が考えられます。

 

 

 

 

首の筋肉量が少なかったり、冷え体質、運動不足などによって首まわりの血流が滞ってしまうと、必要な栄養素がスムーズに運ばれなくなり、スムーズに疲労物質の排出ができなくなってしまい、筋肉や関節の柔軟性が悪くなり、首まわりがガチガチにこり固まってしまいます。

 

 

下記の「自律神経失調症改善プログラム」でも、首こり・肩こりを治すことによって、完治すると書かれています。

 

 

薬や他のものに頼らずに、早く治したい方はおススメですので、チェックしてみ下さいね^^

 

↓      ↓
自律神経失調症改善プログラムはここをクリック