自律神経失調症 チェック

自律神経失調症の最短での治し方

自律神経失調症のチェック方法

自律神経失調症という病気を一度は聞いたことがあると思います。

 

 

 

このサイトを訪問して下さっている方の中には、自分は自律神経失調症なのではないか?と悩まれている方もおられると思います。

 

 

 

一言で説明すると、自律神経失調症とは自律神経のバランスが崩れて、その結果心身ともに様々な不快な症状を伴う病気です。

 

 

 

ここでは、自律神経失調症になっていないか?をセルフチェックできるようにまとめています。

 

 

 

体の不調を感じ病院を受診したけれど、これといった異常が見当たらなかった方や、
自律神経失調症になっているのではないか?と感じている方など、、以下のような症状がないかチェックされてみて下さい。

 

 

@よくめまい・耳鳴り・立ちくらみがある。

 

A胸が締め付けられるように感じる時がある。

 

B息苦しく感じる時がある。(激しい運動をしているわけではないのに息苦しく感じる。)

 

C一年中、手足の冷えが気になる、手足がダルイ。

 

D胃腸の調子が悪いことが多い、よく便秘・下痢をする。

 

E肩こりや首こり、腰痛などがなかなか治らない。

 

F起床時に疲労を感じる。

 

G夢をよく見たり、怖い夢や金縛りにあったりする。

 

H喉に違和感を感じることがある。

 

I天候によって調子が左右されてしまう、季節の変わり目に弱い。

 

J風邪を引いたわけではないのに、よく咳が出る。

 

K心臓の鼓動が急に早くなる時がある。

 

L食欲不振や胸やけなどがよくある。

 

M顔のみ、または手足にのみに汗をかくことがある。

 

 

 

 

※当てはまる項目が多いほど自律神経失調症の疑いがありますが、チェック項目はあくまで目安程度に、必要に応じて病院を受診されて下さい。

 

 

 

また、自律神経失調症になりやすいタイプもあります。

 

 

 

 

もともと緊張しやすいタイプの人や、小さなことでも気になってしまう神経質なタイプの人がなりやすいといった傾向があるようです。

 

 

 

 

必ずしもそれらの性格の持ち主が自律神経失調症になるというわけではありませんが、そこに一時的なストレスが加わったり、不規則な生活習慣を続けていると自律神経のバランスが乱れ、その結果自律神経失調症を招きやすくなります。

 

 

自律神経失調症 改善|完治する治し方のTOPへ戻る