自律神経失調症 腹痛

自律神経失調症の最短での治し方

自律神経失調症の腹痛について

自律神経失調症の症状の一つに腹痛があります。

 

 

 

暴飲暴食により一時的に胃腸の機能が低下することで腹痛や胃痛を感じることはありますが、暴飲暴食をしたわけではなくこれといった理由がないのに腹痛が続いている場合は自律神経失調症の疑いがあります。

 

 

 

自律神経には、交感神経と副交感神経の2つの神経があり、交感神経には胃腸の働きや消化液の分泌を抑制する働きがあり、副交感神経には胃腸を活発にし、消化液の分泌を促すといった働きがあります。

 

 

 

しかし、食生活や生活リズム、ストレスなどが原因となり2つの神経のバランスが崩れてしまうことで、腹痛として現れるのです。

 

 

 

腹痛だけでなく、便秘や下痢、膨満感などの症状を伴うこともあります。

 

 

 

 

交感神経が緊張状態にあると便秘、副交感神経が緊張状態にあると下痢を起こしやすくなると言われています。

 

 

 

 

腹痛を抑えるために、痛み止めや胃腸薬を服用し一時的に痛みを緩和させる方法もありますが、これは一時的な対処方法です。

 

 

 

 

自律神経失調症の症状による腹痛を改善するには、生活リズムを規則正しくすること、適度な運動習慣、そしてバランスの摂れた食事を心がけ、自律神経の乱れを整えていく必要があります。

 

 

 

 

自律神経が整えば、次第に腹痛の症状は治まっていきます。

 

 

 

 

また、一時的なストレスを受けると粘膜のバリア機能が低下してしまい、腹痛や下痢を起こしやすくなりますが、その腹痛や下痢によってさらにストレスを感じてしまい外出することが困難になってしまい、悪循環に陥るケースもありますので、上手にストレスを発散しため込まないような努力も必要かと思います。

 

 

 

 

ちなみに、このバリア機能を強化してくれる食べ物としては乳酸菌があげられますので、積極的に摂取することをお勧めします。

 

 

 

自律神経失調症 改善|完治する治し方のTOPへ戻る