自律神経失調症 不眠

自律神経失調症の最短での治し方

自律神経失調症の不眠について

自律神経失調症の症状の一つに不眠があります。

 

 

 

体は疲れているのに朝方までなかなか眠ることができない、睡眠中に何度も目が覚めてしまう、朝早く目が覚めてしまうなど睡眠に関することで悩まれている方も多いのではないでしょうか。

 

 

 

実はその不眠は自律神経の乱れが原因となって引き起こされている場合があります。

 

 

 

人間には生命を維持していくうえで需要な自律神経というものがあり、自律神経には交感神経と副交感神経の2つの神経があります。

 

 

 

 

しかし、ストレスや生活リズムが乱れることでこの自律神経のバランスが崩れてしまうと様々な不快な症状として現れます。

 

 

 

 

通常、昼間は交感神経が活動的に働き、夜間は副交感神経の働きが強くなります。

 

 

 

 

しかし、不眠の方の場合、何らかの原因により自律神経のバランスが崩れてしまい、昼間に活発に働く交感神経が夜間もずっと活発に働いてしまい、興奮状態にありなかなか眠れないのです。

 

 

 

 

不眠の症状を強く訴える場合は睡眠薬などが処方されることもありますが、薬に頼った治療だけではなかなか不眠の症状を改善することはできません。

 

 

 

 

 

自律神経失調症の不眠の症状を改善するには、夜に休む神経である副交感神経の働きを優位にし、交感神経の興奮を抑える必要があります。

 

 

 

 

 

副交感神経の働きを優位にするには、アロマやハーブティーを飲んだりし寝る前にリラックスタイムを設けたり、寝る2〜3時間前に食事を済ませておくことが重要なポイントです。

 

 

 

 

一方、交感神経の興奮を抑えるためにはカフェインを控えたり、寝る前のスマホやテレビ、激しい運動などを控えるようにしてください。

 

 

 

自律神経失調症 改善|完治する治し方のTOPへ戻る