自律神経失調症 原因

自律神経失調症の最短での治し方

自律神経失調症の原因は何??

自律神経失調症とは交感神経と副交感神経のバランスが崩れてしまい、これらの神経が正常に作用しなくなったことにより、頭痛や吐き気、不眠、めまいなど身体的・精神的な症状を伴う病気です。

 

 

 

では、この自律神経のバランスを崩してしまう原因はどこにあるのでしょうか。

 

 

 

そこで、今回は自律神経失調症を引き起こす原因についてまとめてみました。

 

 

 

@生活リズムの乱れ

 

夜更かしすることが多い、夜勤、昼夜逆転した生活などの不規則な生活を続けていると体に負担がかかり、体のリズムが狂い、やがて自律神経のバランスを崩してしまいます。

 

 

 

 

Aストレス

 

仕事量や仕事内容などの社会的ストレスや、複雑な人間関係、環境の変化に伴うストレスなど、上手くストレスが発散できずにどんどんストレスが蓄積されていくと、次第に自律神経のバランスを崩してしまいます。

 

 

 

 

B環境の変化

 

人間関係や仕事などにおいて、周りの環境が変化していくことに自分自身が適応できなかったり、逆に過剰に適応してしまうといった状況から自律神経失調症を招くことがあります。

 

 

 

 

C女性ホルモンの変化

 

女性ホルモンのバランスが崩れることにより、自律神経失調症を招きやすくなります。
特に更年期を迎えると卵巣の機能が低下し、それに伴って女性ホルモンの分泌量が低下することにより自律神経の働きに異常をきたしやすくなります。

 

 

 

 

 

また、旅行などに行くとなかなか眠れない、お腹を下しやすいなど、もともと自律神経が過敏な人もいますし、一時的に身体が弱っている時なども自律神経失調症を引き起こすこともあります。

 

 

 

 

 

その他には、お願いされた時などに断れなかったり、感情のコントロールが苦手、気持ちの切り替えが遅い、他人からの評価を気にしすぎてしまうなどのストレスに対する抵抗力が弱い人も自律神経のバランスを崩しやすいタイプだと言われています。

 

 

自律神経失調症 改善|完治する治し方のTOPへ戻る