自律神経失調症 息苦しい

自律神経失調症の最短での治し方

自律神経失調症の息苦しいについて

自律神経失調症の症状の一つに息苦しさがあります。

 

 

 

特に息があがるような運動をしていないのに呼吸が早くなって息苦しさを感じたり、息を吸おうと思っても酸欠感がある、喉がしめつけられるような感じがするなどの息苦しさを感じる場合は自律神経失調症の疑いがあります。

 

 

 

頻繁に息苦しさを感じるようになり、病気を疑い病院で精密検査を受けたものの異常がみられない場合は、自律神経の乱れが原因で息苦しさの症状が現れている可能性が高いです。

 

 

 

自律神経の乱れによってめまいや頭痛、吐き気、手足の冷えやしびれなど心身ともに様々な不快な症状に悩まされますが、息苦しさの症状を強く訴える方の場合、過度なストレスにより常に交感神経が優位な状態にあり、リラックスできずに全身の筋肉が常に緊張状態にあります。

 

 

 

当然、気管支周辺の筋肉が緊張状態にあり、ガチガチに凝り固まっていると息がうまく吸い込めない状態になってしまい、息苦しさを感じやすくなるのです。

 

 

 

 

症状の現れ方には個人差がありますが、息苦しい症状は特に就寝前に現れやすいと言われており、息苦しさを感じてもすぐに治まる場合もありますが、立っていることが困難になるほどの激しい症状が続く場合もあるようです。

 

 

 

 

自律神経失調症の症状として現れる息苦しさは、パニック発作と共通しており突発的に起こることが多いとされていますが、息苦しさを改善するためにはガチガチに凝り固まった筋肉をほぐすためにストレッチやヨガを行ったり、好きな音楽やアロマなどでゆっくりとリラックスする時間を設け、副交感神経の働きを高める必要があります。

 

 

 

 

また、息苦しく感じると息を吸うことに必死になってしまいますが、息を吸うことよりも吐くことに意識を集中することが大切なポイントです。

 

 

 

自律神経失調症 改善|完治する治し方のTOPへ戻る