自律神経失調症 めまい

自律神経失調症の最短での治し方

自律神経失調症のめまいについて

めまいを頻繁に感じるようになり、耳鼻科を受診したもののこれといった異常は見当たらないけれども、めまいが治らない場合は自律神経失調症によって起こるめまいの可能性があります。

 

 

 

自律神経失調症の症状として、めまいを感じる方は少なくありません。

 

 

 

では、自律神経失調症によって起こるめまいにはどのような特徴があるのでしょうか。

 

 

 

めまいには、回りがぐるぐるまわっているようにみえる「回転性めまい」と、ふわふわする「非回転性めまい」がありますが、自律神経が崩れることによって引き起こされるめまいはふわふわと感じる「非回転性めまい」です。

 

 

 

自律神経失調症により、交感神経と副交感神経のバランスが崩れている時に起こりやすいですし、鬱状態の時にも起こりやすいと言われています。

 

 

 

めまいと共に耳鳴りや頭痛、不眠などの他の症状を伴うケースも少なくありません。

 

 

 

 

自律神経失調症によって起こるめまいを改善するには、乱れている自律神経のバランスを整える必要がありますが、ふわふわと感じる「非回転性めまい」に効果的なツボを刺激することで自律神経を整えることもできます。

 

 

 

 

自律神経失調症のめまいに効くツボとして、完骨、頭竅陰、翳風、けい脈がありこれらのツボには平衡感覚を整える作用があります。

 

 

 

 

また、自律神経の乱れによって脳内への血流が滞ってしまいがちですが、百会や天柱、風池、外関、太陽といったツボを刺激することで、脳内への血流がスムーズになりめまいの症状を和らげることができます。

 

 

自律神経失調症 改善|完治する治し方のTOPへ戻る