自律神経失調症 眠気

自律神経失調症の最短での治し方

自律神経失調症の眠気について

自律神経失調症の症状の一つに眠気があります。

 

 

 

受験勉強や仕事で徹夜してしまった時や夜遅くまで飲んでたりすると、翌日に眠気を感じることはありますが、しっかりと睡眠はとっているにも関わらず眠気が取れなかったり、仕事中も眠気から支障をきたすような場合は、自律神経失調症の症状による眠気の疑いがあります。

 

 

 

昼間に強い眠気を感じる原因として、自律神経のバランスの乱れが考えられます。

 

 

 

 

自律神経には、昼間に活発に働く交感神経と、夜間に活発に働く副交感神経があり、これらのバランスが保たれていることで心身ともに健康に過ごすことができています。

 

 

 

 

しかし、何らかの原因で自律神経が崩れると、昼間に活動的な交感神経の働きが悪くなり、昼間に副交感神経の働きが優位な状態にあると、強烈な眠気を感じるようになってしまうのです。

 

 

 

 

昼間に副交感神経が優位な状態だと、強い眠気はもちろん、学校や職場などで支障をきたすようになりますし、判断力が低下するため車の運転なども非常に危険です。

 

 

 

 

自律神経失調症による眠気を改善するには、自律神経の乱れを整えるなどの努力も必要になってきます。

 

 

 

 

自律神経は早寝や早起き、1日3食を心がけるなどの規則正しい生活によっても整えることができます。

 

 

 

 

そして、自律神経が乱れる原因としてストレスもあげられますので、自分なりのストレスの発散方法を見つけ、適度にストレスを発散しておくと症状の悪化を防げます。

 

 

 

また、自律神経失調症の改善において適度な運動も必要だと言われていますが、
強い眠気を感じて、体がしんどい状態で無理に運動をする方が体に負担がかかりますので、無理のないペースで運動を取り入れていって下さい。

 

 

自律神経失調症 改善|完治する治し方のTOPへ戻る