自律神経失調症 咳

自律神経失調症の最短での治し方

自律神経失調症の咳について

自律神経失調症の症状の一つに咳があります。

 

 

 

アレルギー反応や風邪をひいた時などには一時的に咳が出ますよね。

 

 

 

それは、体内に侵入したウイルスや異物を外に出すための生理的な現象として咳がでます。

 

 

 

では、自律神経失調症の症状によって現れる咳はどのようなメカニズムで起こるのでしょうか。

 

 

 

まず、自律神経には交感神経と副交感神経がありますが、これらの神経のバランスが崩れている状態のことを自律神経失調症と言います。

 

 

 

ストレスを感じると、体を守るために交感神経が優位に働きますので、脈拍が速くなったり、一時的に血圧が上がりますが、その働きを止めようとして副交感神経も活発に働くようになります。

 

 

 

 

副交感神経の働きが強くなると、気管支や気道が狭くなってしまい、その結果として息苦しく感じたり、呼吸がしづらくなって咳が出て止まらなくなってしまうのです。

 

 

 

 

この副交感神経というものは、夜間に活動的に働く神経のため、自律神経失調症の症状として現れる咳は、昼間は咳が出ないが夜間によく咳が出るといった特徴があります。

 

 

 

自律神経失調症の症状に伴う咳を改善するには、自律神経のバランスを整える必要があります。

 

 

 

 

規則正しい生活リズムであったり、適度に汗を流すような運動習慣、バランスの摂れた食事や睡眠も自律神経を整える上で大切なポイントとなってきます。

 

 

 

 

自律神経が整えば、次第に咳の症状は軽減されていきます。

 

 

 

 

また、咳が出る時の対処法としてはマスクをすることも効果的ですし、横を向いて寝ると狭くなってしまった気管支や気道が広がりやすくなると言われていますので、是非一度お試し頂きたい方法です。

 

 

自律神経失調症 改善|完治する治し方のTOPへ戻る