自律神経失調症 しびれ

自律神経失調症の最短での治し方

自律神経失調症のしびれについて

自律神経失調症の症状の一つにしびれがあります。

 

 

 

このしびれというものは、長時間正座をしていて足がしびれるなど多くの方が一度は経験があると思います。

 

 

 

しかし、自律神経失調症の症状によってしびれが現れることもありますので、しびれを頻繁に感じる、いつもと違うようなしびれなどを感じる場合は自律神経失調症の疑いがあります。

 

 

 

ではなぜ自律神経失調症によってしびれの症状を感じるようになるのでしょうか。

 

 

 

自律神経には交感神経と副交感神経があり、この2つの神経がバランスを保っていることで生命を維持することができています。

 

 

 

しかし、交感神経ばかりの働きが強くなり交感神経が優位な状態にあると、心身ともに常に緊張状態にあり、体の筋肉も固く凝ってしまいます。

 

 

 

 

そうなることで、硬くなった筋肉に圧迫され、全身の血流の流れが滞ってしまい、神経が酸欠状態に陥ってしまうことでしびれの症状が現れます。

 

 

 

 

自律神経失調症のしびれの現れ方には個人差がありますが、両手にしびれを感じることもあれば、全身がしびれているように感じることもあります。

 

 

 

 

この自律神経失調症に伴うしびれを改善するには、硬く緊張している筋肉をゆるめて、全身の血流の流れを良くすることが重要なポイントとなります。

 

 

 

 

 

筋肉の凝りが解消されると、血流の流れも良くなり必要な酸素や栄養素もスムーズに運ばれるようになり、やがてしびれの症状は解消されていきます。

 

 

 

 

 

また、しびれの症状が一時的に強く現れている時には心配事や不安事などによる過度なストレスを感じている場合も多いため、ストレッチやヨガなどを習慣化しストレスをため込まないような体づくりも大切です。

 

 

 

自律神経失調症 改善|完治する治し方のTOPへ戻る