自律神経失調症とは

自律神経失調症の最短での治し方

自律神経失調症とは?

自律神経失調症とは、交感神経と副交感神経のバランスが崩れた時に引き起こされる病気です。

 

 

 

自律神経は交感神経と副交感神経の2つの神経からなっていますが、肺や心臓、血管、消化管などの各臓器は自律神経によってコントロールされています。

 

 

 

自律神経は生命を維持していくために需要な役割がありますが、
交感神経には血圧や心拍数を上げる働きがありますが、副交感神経が正反対の働きをするためこれらの神経はバランスが保たれています。

 

 

 

肺や心臓などの各器官は、交感神経と副交感神経が反対の働きをしてくれるため、自律神経がバランスを保ち働くことで調節されているのです。

 

 

 

しかし、生活リズムの乱れやストレスなどによって自律神経のバランスが崩れ、バランスよく調節できなかった場合、心身ともに様々な不調として現れ、この状態を自律神経失調症をいいます。

 

 

 

例えば、吐き気や頭痛、めまいなどを頻繁に感じるようになり、病院を受診し精密検査をしたものの、異常がみられなかった場合に自律神経失調症と診断されます。

 

 

 

自律神経失調症の身体的な症状として、慢性的な疲労やだるさ、めまい、頭痛、動悸、ほてり、手足の冷え、不眠、便秘、下痢、微熱、耳鳴り、手足のしびれ、喉の不快感、頻尿などがあげられます。

 

 

 

 

自律神経失調症の精神的な症状として、イライラ、不安感、疎外感、落ち込み、やる気が出ない、憂鬱になるなどがあげられます。

 

 

 

 

※自律神経失調症の疑いがあり、一度病院を受診したいけれど何科を受診したらいいのか分からないという場合には、まずは内科の受診をお勧めします。

 

 

 

 

自律神経失調症の疑いがあると思っていても、他の病気の可能性もあるからです。

 

 

 

 

症状次第で、耳鼻咽喉科や婦人科などでの受診が必要になる場合もありますし、自律神経失調症という診断が下されたら心療内科への受診という流れになります。

 

 

自律神経失調症 改善|完治する治し方のTOPへ戻る