自律神経失調症 ヨガ

自律神経失調症の最短での治し方

自律神経失調症にヨガが良い理由

自律神経失調症にヨガが有効だとされています。

 

 

 

ヨガといえば、姿勢が良くなったり、代謝が良くなるためダイエット効果など美容の面での効果ばかりが注目されがちですが、ヨガは自律神経失調症をはじめ、うつ病などの精神疾患の改善にも効果的として注目を集めています。

 

 

 

自律神経失調症になぜヨガが良いのかといいますと、それはヨガの呼吸法にあり自律神経を整える作用があるのです。

 

 

 

自律神経には交感神経と副交感神経があり、肺や心臓、血管、消化管などの各臓器をコントロールするといった重要な役割を担っているのですが、この自律神経は自分の意思で動かすことはできません。

 

 

 

 

しかし、唯一呼吸は自分で操れる自律神経にまつわる器官のため、ヨガの呼吸法によって自律神経を整えることができるというわけです。

 

 

 

 

緊張している時は呼吸が浅い状態にあり交感神経が優位な状態にあるのですが、ヨガの中で取り入れられている腹式呼吸を行うことで、リラックスしている時に優位な副交感神経の働きを活発にします。

 

 

 

 

私たちは息を吸ったり吐いたりといった行為を無意識に繰り返していますが、この無意識に行っている呼吸を意識して行うことで、崩れていた交感神経と副交感神経のバランスを整えることができ、自律神経失調症の改善においてヨガが効果的だとされています。

 

 

 

 

ヨガは様々なポーズを取りいれながら複式呼吸を行います。

 

 

 

 

 

腹式呼吸では、息を深く吸って、息を深く吐きだす呼吸法ですが、この呼吸法を続けることでリラックスする時に優位になる副交感神経が働き、続けることでリラックス効果を得られます。

 

 

 

 

副交感神経を優位にする呼吸法のポイントとしては、息を吐き出す時にあり、長く吐くことが重要となります。

 

 

 

 

ヨガのポーズを取りながら、腹式呼吸を行うと酸素が体内の隅々までいきわたり、血流が良くなるだけでなく、免疫力アップ、体の機能を高める効果もあります。

 

 

 

 

ヨガ教室などもありますが、ヨガはヨガマットさえあれば誰でも自宅でトライすることができますので、是非一度試されてみて下さい。

 

 

 

自律神経失調症 改善|完治する治し方のTOPへ戻る